会津若松を訪れたら立ち寄りたい!わっぱ飯の名店「田季野」。

会津若松を訪れたら必ず立ち寄りたい、わっぱ飯の名店です。

店名:田季野
住所:会津若松市栄町5ー31(鐘つき堂小路)
電話:0242ー25-0808

田季野は、鶴ヶ城から車で5分ほど、国道118号線の一本裏通り、古くからの店舗や食堂が軒を連ねる小路にあります。
昭和45年創業で、田季野は伝統的な日本家屋の店構えは大変落ち着いた雰囲気。
土間で靴を脱いで、お座敷へ上がります。
吹抜けのホールが見渡せる2階にも席あり。

田季野で一番のおすすめは「よくばり輪箱」2,300円(税抜き)。
桧の曲げわっぱに、ほっくりと敷き詰められた会津米。

その上に、鮭、いくら、蟹、姫竹、きのこなど、それ一品だけでも主役になれる食材が贅沢に7種入っています。
前菜2種とお味噌汁もついて、男性でもお腹いっぱいになれるボリュームながら、最後まで飽きの来ない味はさすが。
鮎などの季節限定わっぱもあります。

わっぱ飯をメインに、こちらも会津名物のこづゆ、天ぷらや焼き魚などもついた会席料理もありますよ。
有名店なので予約してくる方が多いですが、ピーク時でなければ予約なしでも待たずに入れます。
実家に帰ってきたようなほっとする温かさと、歴史ある名店ならではの気品を兼ね備えた田季野の接客も文句なしです。