DeNAベイスターズの3試合連続サヨナラ勝ちに貢献、後藤G武敏選手。

DeNAが3試合連続サヨナラ勝ちという快挙を成し遂げ大洋時代の1960年6月26日ヤクルト戦から巨人戦にかけて記録して以来球団史上57年ぶりとなる3試合連続サヨナラ勝ちとなりました。
横浜地元民としては嬉しい限りです。
3連続サヨナラした時には友達のSNSがざわつきました。
翌日の地元スーパーや地元の駅なども湧きました!

今回のサヨナラ勝ちにも貢献したDNAベイスターズの後藤武敏選手が「ごとうGたけとし」となった理由を初めて知りました。
それは数年前に石川雄洋選手との練習の待ち合わせに遅れてきた松本啓二朗選手が早大で使われていた「ごめーんす」という軽い謝り方をしたのを、石川選手が「後藤さんに『ゴメス』はねえよ」と居合わせた後藤選手に話を振ってそのまま浸透したそうです。

2014年からは、ヒーローインタビューでアナウンサーから「後藤選手」と言われると「ゴメスです」とニックネームをアピールするのがお約束になり、2015年にはユニフォームの背ネームを「GOMEZ」、登録名も「後藤 武敏 G.(ごとう たけとし ごめす)」に変更しました。
そして2016年に「G」の位置を変え、「後藤 G 武敏(ごとう ごめす たけとし)」に再変更して今に至るそうです。