広島焼き鳥処 よし坊・広島市繁華街美味しい串に出会える店

広島と言えば、お好み焼きを知らない人はいないほどの認知度ですが、サラリーマンは晩酌のおともに、お好み焼きばかりつまんでいるわけではありません。
広島の繁華街流川・薬研堀エリアには星の数ほどの居酒屋がありますが、本当においしいものを提供してくれる店には、意外と簡単に出会えなかったりします。

今回おすすめする「広島焼き鳥処よし坊」は、気軽に通える自分好みのお店を見つけたい人、出張や観光でお好み焼き以外の確実においしい店に出会いたい人必見の焼き鳥屋です。

店名:広島焼き鳥処 よし坊
住所:730-0027 広島市中区薬研堀8-11
電話:082(247)9708

よし坊は、本格博多風を銘打っているので、串にさすのは、鶏肉以外にも豚肉、野菜など多岐に渡ります。
基本的に塩がおすすめで、鮮度の良い素材に絶妙な焼き加減と塩加減で焼き鳥のおいしさをしみじみ発見できる至福感に包まれます。

よし坊の串は、一本あたり150~300円の価格帯で提供されています。
熊本直送の馬刺しも絶品で、タイミングによっては早い時間から売り切れてしまうこともあります。
単品で1000円~、おまかせの盛り合わせは大人数で分け合えてお得な内容となっています。

また、特製鶏スープは他では味わえないすさまじい濃厚さです。
コラーゲンを極限まで抽出しているため白濁しており、鶏スープ茶漬けなど一度食べたらくせになるインパクトがあるので、このスープを使ったメニューを求めてのリピーターが多いようです。

よし坊は、お酒の種類も豊富で、ビールやチューハイの他にも梅酒、焼酎、日本酒もこだわりを持って取り揃えています。
酒類は一部を覗いて500円(税込)が中心です。

席数約30弱のこぢんまりとしたお店となっており、よし坊の大将が焼き場でカウンターの接客をしながら調理しています。
店内はカープ色が強く、大型テレビでは野球を初めとしたスポーツ番組が流れていますが、カープファンでなくても男女問わず気軽に入れる明るい雰囲気があります。

情報誌やフリーペーパーなどに掲載をしないのでクチコミかSNSで知られる店です。
なのでほかの人が知らない取っておきの店を知りたい人には特に満足できる存在です。

よし坊は、出張や観光でお好み焼きに飽きた人、地元の雰囲気を溶け込んで楽しみたい方、逆に県外からのお客さんを、本当においしいものでもてなしたい人などには、足を運んで決して損はない、味と雰囲気ともに隠れた上位の焼き鳥屋と言えます。