新潟市の老舗料亭の味をランチで楽しむ「大橋屋 本町茶寮」

新潟市中央区古町や本町には、老舗料亭が何軒かあります。
鍋茶屋(なべぢゃや)、行形亭(いきなりてい)、大橋屋(おおはしや)が筆頭に挙げられます。

大橋屋本館は、創業は慶応2年、昭和10年に建築され、登録有形文化財で趣があります。
その向かいの建てられたのが大橋屋の新館「大橋屋 本町茶寮(ほんちょうさりょう)」です。
エレベーターや車いす対応の化粧室があり、バリアフリーとなっています。

和室にテーブルと椅子を配置するなど、どの年代でも楽に食事ができるように配慮されています。
平日限定の「柳都膳 」3,000円(税、サービス別)には、かきあえ生酢と小鉢、ごま豆腐、刺身、本皿、ご飯、味噌汁、水菓子がつきます。

かきあえ生酢は、新潟の郷土料理の一つで、家庭により違いはありますが、旬の野菜(白菜やキャベツなど)、
食用菊(新潟ではかきのもと、と言います)、干しシイタケ、レンコンなどをクルミ、ゴマ、酢などで味付けしたものです。

新潟市中央区に長年住んでいる人には「かきあえ生酢、ごま豆腐と言えば大橋屋さん」というイメージがあり、
また、人が大勢集まる時には「仕出し料理は大橋屋さんで」という家庭も多いです。

さすが老舗料亭だけあって上品で美味しいです。
丁寧な接客。
機会があったらまた行きたいですね。

平日は11:00~14:00の営業です。

店名:大橋屋 本町茶寮
住所:新潟県新潟市中央区本町通り11番町1841
電話:025-228-2509