モカジャバ カフェ、壱岐市にある美味しいハンバーガーを提供するカフェ

モカジャバ カフェは、約140年前に海産物問屋として建築された木造二階建て住宅をリノベーションし、2008年にモカジャバ カフェ 大久保本店としてオープンして以降、多くの方々の憩いの広場になっています。

古い丁度品なども置いてあり、どこかノスタルジックな雰囲気があるカフェですからオシャレな女子からも人気ですし、男性客も増えています。

モカジャバ カフェでは、壱岐牛バーガー(900円)や、壱岐産の白身魚を使ったフィッシュバーガー(900円)、壱岐牛ステーキのセットメニューや丼物までが提供されています。

特にイチオシとなるのは、壱岐牛100%で作ったハンバーガーで、ジューシーで肉肉しさがしっかり残り、噛みしめるたびに旨味と甘みが口の中に広がると評判の1品です。

バンズも壱岐牛のパテに負けないように小麦の香り、ふかふかした食感にこだわっていて、サンドするレタスはシャキシャキ感がしっかり残るフレッシュさがあります。

また、女性や子どもからはカフェメニューとして定番のミックスベリーのパフェも人気です。

観光客も訪れるからこそ、モカジャバ カフェは接客も行き届いており、気軽に利用ができる雰囲気があります。

店名:モカジャバ カフェ mochajava cafe
住所:長崎県壱岐市勝本町勝本浦359
電話:0920-42-0500