熊本市、る本格的な熊本の郷土料理「青柳」。

青柳では、熊本市の繁華街で熊本の本格的な郷土料理が食べられます。
火の国、水の郷とも言われる熊本は雄大な自然に恵まれ海の幸、山の幸をふんだんに使われています。

なかでも、熊本は鮮桜料理が有名です。
鮮度抜群でしゃぶしゃぶやヒレカツ、すき焼きにとここでしか味わえません。

特に馬刺しの花盛りは青柳が発祥だそうです。
馬刺し、にぎり寿司には網目のサシの霜降りが使ってあります。
ここ青柳で食べる馬刺しのにぎり寿司は最高です。
一貫500円位しますが馬がとけていくような感じです。

熊本城 本丸御膳とは江戸時代の肥後藩の献立を再現した御膳です。
熊本地震が起こる前までは熊本城本丸御殿で出されていましたが、地震以降は青柳本店で食べられるようになりました。
料金もお昼の本丸御膳 3,000円、 夜の本丸御膳 5,000円でいただけます。
11時30分~14時なではお昼のランチもあります。

食事する部屋もカウンター、大広間や数寄屋風の個室などがあります。

お土産として、厳選ごま油と粒々にんにくをきかせた、ちょっと甘めのさっぱりとしたにんにくドレッシング、無添加の本醸造醤油を使い、日本酒をベースにした熊本青柳の味本格煮つけのたれなど家庭でまた楽しめるようにお店で購入されてはいかがでしょうか。
お店に行く前に予約して行かれた方がいいと思います。

店名:郷土料理 青柳
住所:〒860-0807 熊本市中央区下通1-2-10
電話:0120-898925/096-353-0311

墨田区錦糸、安くて美味しいイタリアンバル!「クインテット」。

クインテットはJR総武線・錦糸町駅北口から歩いて5分ぐらいのところにある、シックでモダンでありながらカジュアルな外見のお店です。
年齢層は20代中盤~の方が多く、少人数向けの店内はガヤガヤしているわけでなく、だからと言って静かすぎるわけでもなく、、友人同士、恋人同士、職場の人とも気軽に零点出来そうな雰囲気です。

飲み物や食べ物はバルよりのイタリアンで、価格が安いものが多くお酒の値段もそこまで高くないです。
ワイン系に合うお料理がそろってますので、クインテットはワインが好きで手軽に楽しみたい人向けかもしれません。
食べ物の価格設定が基本的に500円or750円or1000円ということで、選びやすいのが特徴ではないでしょうか。

クインテットに行ったら絶対に食べてもらいたいものは、鮮魚のカルパッチョ(500円)とアヒージョ(500円、バケット別途)です。
鮮魚のカルパッチョはその日のオススメのもので日によって食材が変わるようです。
ハーブとベリーのソースが相まってうまくコラボレーションしてます。

アヒージョは今まで食べた中で、私はクインテットのが値段も加味して一番おいしいんじゃないかと思うくらいです!
もちろんバケットをつけて下さい。
アヒージョが熱々のうちにバケットをちぎって浸しとくのがマストです。

店名:クインテット quintetto
住所:東京都墨田区錦糸2-6-3
電話:03-6658-5810

倉敷市の美観地区、食材に拘ったパスタの「ペーシェルーナ」。

ペーシェルーナは前から私が気になっていて、ずっと行ってみたいと思っていたお店です。
お店の作りは、外からの音を遮断してくれ、ゆったりと静かな時を過ごせる、二重の引き戸となっています。

中に入るとやはり静かな空間と時間が流れていて、ペーシェルーナのシェフがフライパンを振る音と、料理に舌づつみをうちながら、楽しそうに話しているお客さんの声がしていました。
スタッフの方も、優しく柔らかい口調で、いつも温かく接してくれて、とても居心地のいいお店です。
ペーシェルーナはオープンキッチンなのでシェフの調理する姿もよく見えました。
その時はとっつきにくい印象だったのですが、後日電話で予約を取った時、お話をさせていただいたら、気さくでとても優しそうな方だと分かり、それからは度々訪れています。

メニューはコースのみで、その日の仕入れしだいで内容が決まるそうです。
例えばランチなどは、3種類のコースから選べます。

ちなみにその日のメイン料理を、「どちらもいただきたいけど、パスタの量が多くなるから食べ切れるかな」と迷っても、2700円のコースを選ぶと、パスタは80gから50gの少量になっているので、我慢することなく満足できます。
何人かで訪れた時などは、コースの組み合わせ方やシェアすることで、いろんな味を楽しめるかと思います。

食材にもこだわっていて、地元瀬戸内産の物を中心に、近県の食材や、全国からも旬の食材を取り寄せていらっしゃるようです。
そしてペーシェルーナのおすすめするポイントなのですが、パスタが絶妙な茹で加減なんです。
ソースとのからみ方はもちろんのこと、パスタを茹でる時に使う塩加減を考慮したなんともいえない味付け。
とにかくその食感が最高でした。

価格は1200円~2700円と、ちょっと贅沢な気もしますが、こだわりの食材と絶妙なパスタの茹で加減は、一度試していただきたいと思います。

店名:ペーシェルーナ
住所:岡山県倉敷市阿智2-22-3奈良萬の小路1F
電話:086-421-9888

高尾で八王子ラーメンを食べるなら、「びんびん高尾店」へ!

びんびん高尾店は、高尾駅から徒歩5分圏内にあるラーメン屋さんです。
ここのラーメンは近年、人気沸騰中の八王子ラーメンがベースなのです。
八王子ラーメンとは、醤油ベースのスープに薄い油と刻み玉ねぎが乗っているのが特徴です。

もし八王子ラーメンを食べるのが初めての方なら、「ラーメン」(600円)がお勧めです。
びんびんのラーメンは刻み玉ねぎの他にメンマとチャーシュー1枚が乗ったシンプルな佇まいです。
しかし、これぞ八王子ラーメンという王道の味わいを感じることができるのではないでしょうか。

そして、びんびん高尾店のお勧めは「ネギラーメン」(750円)ですね。
上記のラーメンの具の他に、たっぷりの辛ネギが乗っているのです。
この辛ネギはスープに薄く張った油との相性が抜群で、とても美味なのです。
辛味がスープに少し溶けて、また違った味わいになるものお勧めなポイントですね。

がっつり食べたいのなら、当店人気ナンバーワンの「ネギチャーシューメン」(950円)がお勧めです。
ボリューム満点で、たっぷり食べたい方も、とても満足できる量だと思いますね。
チャーシューも柔らかくとても美味しいです。

また、店内も綺麗で接客態度もとても良く、気持ちよく迎え入れてくれます。
もし高尾山へ観光に来た際は、高尾駅で降りてびんびんの八王子ラーメンを食してみてはいかがでしょうか。

店名:びんびん高尾店
住所:東京都八王子市初沢町1231-17 リキエイビル 102
電話:050-5592-5244

名古屋市南区、「サイゼリヤ名古屋笠寺店」のオススメ。

それでは先ずサラダのオススメからご紹介します。
私のオススメのサラダは、半熟卵とポークのサラダです。
こちら、お値段はサイゼリヤにしてはお高く感じるかもしれませんが、がっつり食べれて尚且つ栄養も取れ、味もとても美味しいです。
ちなみにお値段600円弱です。

次にご紹介しますのは、パスタです。
私もサイゼリヤ名古屋笠寺店に行けば、だいたい頼むメニューになるんですが、キャベツのペペロンチーノです。
こちら、お値段399円と安い割にベーコンとキャベツだったりがペペロンチーノと絡み合って、凄く美味しいんです。
とてもやみつきになるパスタですので、是非食べていただきたいです。

次にご紹介しますのは、おそらくサイゼリヤ人気No.1商品になります、ミラノ風ドリアです。
こちらは、安くがっつり美味いと言った印象です。
お値段も299円ととてもコスパに優れており、お腹も満たしてくれ、美味しいので人気がある商品なのかなと思います。
実際美味しいですけどね。

最後に、お肉料理のオススメのご紹介をしたいと思います。
若鶏のグリルです。
お値段は499円です。

何と言ってもこちらのオススメポイントは、若鶏の上にのっているサイゼリヤこだわりのオリジナル野菜ソースです。
こちらと絡めて食べる若鶏は本当に合っていて、ここでしか食べれない味となってますし、あっさりと美味しいです。
是非食べていただきたい一品です。

店名:サイゼリヤ名古屋笠寺店
住所:名古屋市南区本地通2-1-1
電話:052-823-3077

会津若松を訪れたら立ち寄りたい!わっぱ飯の名店「田季野」。

会津若松を訪れたら必ず立ち寄りたい、わっぱ飯の名店です。

店名:田季野
住所:会津若松市栄町5ー31(鐘つき堂小路)
電話:0242ー25-0808

田季野は、鶴ヶ城から車で5分ほど、国道118号線の一本裏通り、古くからの店舗や食堂が軒を連ねる小路にあります。
昭和45年創業で、田季野は伝統的な日本家屋の店構えは大変落ち着いた雰囲気。
土間で靴を脱いで、お座敷へ上がります。
吹抜けのホールが見渡せる2階にも席あり。

田季野で一番のおすすめは「よくばり輪箱」2,300円(税抜き)。
桧の曲げわっぱに、ほっくりと敷き詰められた会津米。

その上に、鮭、いくら、蟹、姫竹、きのこなど、それ一品だけでも主役になれる食材が贅沢に7種入っています。
前菜2種とお味噌汁もついて、男性でもお腹いっぱいになれるボリュームながら、最後まで飽きの来ない味はさすが。
鮎などの季節限定わっぱもあります。

わっぱ飯をメインに、こちらも会津名物のこづゆ、天ぷらや焼き魚などもついた会席料理もありますよ。
有名店なので予約してくる方が多いですが、ピーク時でなければ予約なしでも待たずに入れます。
実家に帰ってきたようなほっとする温かさと、歴史ある名店ならではの気品を兼ね備えた田季野の接客も文句なしです。

麻布台、「ミンスクの台所」は異国情緒たっぷり、珍しいメニューが満載!

私がおすすめする、ミンスクの台所の料理は、ベラルーシ料理の中でも「毛皮のコートを着たニシン」です。
そもそもあまり聞きなれない〝ミンスク″ですが、ミンスクはベラルーシ共和国の首都名、1991年に旧ソビエト連邦より独立したばかりのまだ若い国家になります。
ミンスクの台所のメニューは飲食含め、基本的にどれも美味しく珍しいメニューでいっぱいなのですが、何故「毛皮のコートを着たニシン」をおすすめしたいかですが、3つの理由があります。

1つ目は使われている素材、2つ目は素材の組み合わせ方法、そして3つ目が見た目の美しさとなります。
まずその主な素材ですが卵(茹でた卵を潰したもの)、ジャガイモ(茹でたジャガイモを切り刻んだもの)、鰊(ワイン漬けされた鰊の切り身)そして赤ビーツ(茹でたビーツを切り刻んだもの)となり、とても斬新でしかも体に健康的な素材だと思っています。

次に料理としての組み合わせ方法ですが、これらの素材をミルフィーユ風に組み合わせていてまるでケーキのように仕上げられています。
見た目の美しさの最たる部分は、毛皮のコートにあたる部分で、赤ビーツのカラーとなります。

最期に、ミンスクの台所の全般的な接客についてですが、ベラルーシやその周辺国から来日している方々による日本語での温かい接客でした。
中には10年以上日本に住んでおられる方もいて、日本とベラルーシの文化比較や、日本人が好む味の味覚について楽しく語っていただきました。
「毛皮のコートを着たニシン」、元来ベラルーシでは新年やクリスマスのお祝い時に食べる伝統的な料理の一つなのだそうですが、気になるこの料理のお値段は、1470円となります。

店名:ミンスクの台所
住所:東京都港区麻布台1-4-2
電話:03-3586-6600