牧のうどん 空港店、福岡市博多区にある誰もが知る人気うどん店

牧のうどん 空港店は、福岡県を代表する老舗うどん店の一つで、人気店です。

店名:牧のうどん 空港店
住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-30
電話:092-621-0071

牧のうどんは支店が福岡県に複数ありますが、観光客も多く訪れる、県を代表する美味しいうどん屋さんであり、ボリューム満点です。

麺は太麺であり、昔でいう田舎うどん的な雰囲気を醸しだしている麺であり、柔、普通、固といった麺の柔さ加減もオーダーした際に店員さんへ伝えます。

また牧のうどんのスープは、若干塩の効いたお魚から取ったスープであり、とても癖になる感じがします。

それからボリュームの割には、お値段が安くおうどん1杯300円強〜500円弱程見れば、十分にお腹は満たされます。

さらにうどん大盛などの注文をすることはできますが、牧のうどんの場合、普通サイズもそれなりの量でありますので、少し考えたうえで大盛を註文するとことをお勧めします。

空港店にお越しの際は駐車場もありますが、12:00頃になるとが行列ができ始め、駐車待ち状態が続いてしまうのが常となりますので、11:00頃、もしくは14:00過ぎ頃といった繁忙期を越えた時間帯でお邪魔した方がいいと思います。

神田まつや 吉祥寺店、武蔵野市吉祥寺本町にあるいつ来ても安心できる味の老舗蕎麦店

店名:神田まつや 吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店・吉祥寺店9階レストラン街
電話:0422-22-1722(直通)

神田まつやといえば、そば好きはもとより作家・池波正太郎氏のファンにとっても特別なお店。
その神田まつやの支店にあたるのが、吉祥寺東急9階に位置する【神田まつや 吉祥寺店】です。

創業123年を数える老舗と言うと敷居が高く感じますが、そこは池波氏がこよなく愛した庶民的なお店。
吉祥寺のまつやも本店同様ふらっと入って気軽に老舗の味が楽しめます。

神田まつやで出された物に外れなしと言われますが、その中で特におすすめなのがにしんそば。
京都発祥のそばと言われていますが、江戸そばの老舗である当店のにしんそばは丁寧に仕込まれたにしんとやや固めのそばにつゆと香り立つ削りゆずが絶妙なバランスで絡み合って実に美味。寒い日に熱燗と一緒にいかがでしょうか。

また、神田まつや店内を見ていると天せいろを頼むお客様が多いので、初めての方は天せいろも良いと思います。

古くから同地で営業しているからか、店内は親子二代、三代で来られているかたも見受けられ、大ベテランの女性店員さんたちが生き生き、きびきびと年齢も感じさせずに働かれる姿にも元気を頂けます。

釜盛、枚方市にある大阪一美味しいうどんの店

枚方市駅から車で10分、国道1号線、須山町交差点、京都方面向きに美味しいうどんを食べさせてくれるお店、釜盛があります。

国道を走っていると看板と暖簾がひときわ目を引き、太字でこだわりのユニークな文句が綴られています。
思わずクスッと笑いがこぼれる大阪人ならではの、愛嬌を感じます。

外観は、お屋敷風の純和風づくりで、大きな金の招き猫がトレードマークです。
中は、広々として、カウンター席とテーブル席があり、いつ、行ってもお客さんでごった返している人気店です。

釜盛の特徴は、注文すると出てくる、どんぶり茶碗の大きさで量もたっぷり入っていてボリューム満点です。
また、うどんにコシがあり、透明感のある麺は、のどごしが良く、出し汁は、昆布とカツオの利いている関西風で定評があります。

釜盛のおすすめメニューは、釜盛名物の釜揚げうどん900円(税抜)で、麺の持つ、しこしことしたコシの強さとモチモチとした食感がのどごし良く、また、コクのある出し汁の組み合わせが絶妙です。

釜盛のサービスとして、うどんを単品で注文すると麺をもう一玉付けてくれるというのがあり、食べきれる自信のある方は、頼むとよいでしょう。
他には麦飯も一杯分無料で付きます。

もう一つのおすすめは、かき揚げ日本一1,400円(税抜)で、ゴボウ風味のきいた大きなアツアツのかき揚げ2つが入ったうどんで、うどんだしとかき揚げの風味が混ざり合って香り高い味わいで、おすすめです。

スタッフさんは、威勢がよく活気があって接客サービスの良いお店です。

店名:釜盛
住所:大阪府枚方市甲斐田新町1-1
電話:072-847-5776

和田や、麺類激戦区の北九州市八幡西区三ヶ森で頑張る手打ちうどん

ラーメン、ちゃんぽん、うどん等…。麺類のお店の激戦区と呼ばれる北九州市八幡西区三ヶ森で老舗のうどん屋です。

福岡のうどんと言えば、スープを吸ってしまう強烈な麺のイメージが強いですが、北九州の老舗なうどん屋さんはそうではありません。
優しい感じの出汁に、コシがいい意味であまりない柔らかく出汁が沁みるさっぱりな平打ち麺が多いのです。

ここ、和田やの売りはそんな優しい麺と出汁に加え、ごぼう天のでかさになります。
文字通り、丸太クラスのごほう天が4本ついたごぼう天うどんは600円。

和田や一番人気の肉ごぼうは、700円となっています。
かなりの量になりますので、自信がない方はかけ(350円)に単品でトッピングするといいかもしれません。

和田やのごぼう天のトッピングは、単品で50円と大変お得になっています。
トッピングの変わり種は「しょうが」(50円)です。

文字通り、おろししょうがが出てきます。
このあたりは小倉肉うどんの影響なのでしょうか…。

想像以上にうどんとマッチしますので、まずはストレートの出汁を味わってから加えてみるのもいいでしょう。
老舗の味と、豪快なごぼう天のコラボを楽しむなら是非、和田やがオススメです。

店名:和田や
住所:北九州市八幡西区里中3-3-17
電話:093-611-6639

九つ井 大和店、神奈川県大和市で絶品手打ち蕎麦をいただく

店名:九つ井 大和店
住所:神奈川県大和市下鶴間2249
電話:050-5590-1294

神奈川県内で食べたお蕎麦の中で、最も私が気に入ったお店が、九つ井です。
地方出身の私の口がおかしいのでしょうか、神奈川県内のお蕎麦屋さんは私からするとつゆがしょっぱすぎるお店が多いのです。

九つ井のつゆは上品でとても優しい味なので大好きです。
お店には離れもいくつかあり、九つ井は庭が素敵な料亭といった趣です。
普段使いでもいいですし、ちょっとした会食や接待などにも使えるお店です。

九つ井の駐車場から庭を通って扉をくぐり客席へ…そのすべてが美しい動線となっています。
木のぬくもりが感じられる九つ井の店内からは、綺麗に手入れされた庭や離れを見ることができます。

まずはいつも「だし巻き玉子 900円」からいただきます。
ふわふわでとてもジューシーな玉子が口の中でとろけます。

その後は「江戸前穴子の天ぷら 1,500円」や「自家製一夜干し 小魚盛り合わせ 1,600円」などをつまみながら蕎麦を待ちます。

やはり「ざるそば 800円」がおすすめですかね。
細くて上品、そして香り豊かな蕎麦です。
甘めなそばつゆとの相性がとてもいいです。

お腹が満たされない時は、さるそばをもう1枚追加することもあります。
何枚でも食べられるのど越しが、とても良い絶品の蕎麦です。

太閤うどん宇品本店、広島市南区にある美味しいうどん屋

太閤うどんは、広島では結構有名な手打ちうどん屋さんです。
宇品本店は、県病院前にあります。
もう1店舗は、広島市内中心部の中区中町にあります。

太閤うどん宇品本店は、立地的にランチタイムはいつ行っても多いです。
うどん屋さんですが、うどんだけでなく、夜は美味しいおつまみと地酒も揃っていて、うどん居酒屋に変わります。

市内電車の駅からは徒歩で行けますし、駐車場も何台かあります。
ただし、駐車場がちょっと狭く斜めになっているので、混雑時は少し停めにくいかもしれません。

創業30年以上の老舗うどん屋さんですが、太閤うどん宇品本店の店内は綺麗にリニューアルされ、スタイリッシュな感じになっており、おしゃれなうどん屋さんといった感じです。
テーブル席や、座敷まであります。

太閤うどん宇品本店オススメのうどんは、出汁の美味しさがわかる温かいうどんです。
お好みで柚子も入れてくれます。

出汁はとても澄んでいて、香りもいいです。
うどんは手打ちで、太めのコシがあるうどんだと思います。

太閤うどん宇品本店は、うどんの他にもカツ丼や親子丼などもありますよ。
親子丼もなかなかオススメですよ。

そして「おじやうどん」というのがあります。
鍋焼きうどんの下にお米が入っていて、うどんと雑炊が楽しめる一品です。

店名:手打ちうどん 太閤うどん宇品本店
住所:広島市南区翠5-17-18
電話:082-251-3088

芦屋川 むら玄、芦屋ならではの自然美を満喫できる蕎麦処

関西屈指の高級住宅地として名高い芦屋の街には、ジャンルを問わず、洗練されたレストランやカフェが多く点在しています。

新店舗から老舗までが混在し、ハイレベルのグルメの街。
チェーン店ではなく個人の一軒家レストランが多いのも特徴的。
そんな芦屋には、自然にも恵まれた芦屋ならではの環境の中にある素敵な蕎麦処があるので、ご紹介したいと思います。

それがこちら「芦屋川 むら玄」
芦屋中心街から車で山側に進むこと15ほど。
芦屋川 むら玄は、川が流れ山並みに抱かれた静かな環境に佇む一軒家の蕎麦処です。

店名:芦屋川 むら玄
住所:兵庫県芦屋市奥池美南町1-23
電話:0797-25-0232
駐車場:15台
営業時間:火~日 11:30~15:00(L.O.15:00)
店内全面禁煙です。

芦屋川 むら玄は外観からして、素敵な外観。かつて琵琶湖近くにあった酒造りの建屋を移築しリノベーションしたもので、モダンな造りです。
店内は天井が高く開放的。
大きな窓からは自然美を堪能でき、気持ちよく食事を楽しむことのできる空間です。

芦屋川 むら玄自慢の蕎麦は、こだわりのそば粉でつくる十割蕎麦。
十割の手打ちだから香り高く美味。

芦屋川 むら玄おすすめは、やはりこの蕎麦の香りを満喫できる「ざる」か「盛り」。
他にも、おろしそばやとろろそば、また温かいそばもあります。

中でも人気なのが湯葉そば。
麺が隠れるほどたっぷりと乗せられた湯葉が、とても美味しい逸品です。

芦屋川 むら玄は、芦屋で、ゆっくりと蕎麦ランチを楽しみたいときにおすすめのお店です。