神戸市中央区のモザイク内で食べれるシュラスコ店「ブラジリアーノ」

ブラジル料理の中でも特に人気のある料理といえばシュラスコかと思いますが、値段が高いのがネックです。
数あるシュラスコの中でもリーズナブルでコスパのよい料理が楽しめるのが、神戸のハーバーランド・モザイクの中に店を構える「ブラジリアーノ」です。

ブラジリアーノは、3000円ほどでシュラスコを食べることができる驚きの値段設定であり、多くのお客さんでにぎわう人気店です。

ちなみに、一般的なシュラスコの値段は5000円以上です。
高いと1万円かかるケースもあります。

ブラジリアーノ店内は、ブラジルのイメージカラーでもある黄色をベースにしていて室内とテラス席に分かれています。
おすすめなのが、テラス席であり美しい神戸のハーバーランドを一望できます。

夏場になると、ウォーターショーが開催され美しい水のイベントが開催されます。
料理は、ご飯ものやからあげ、サラダなどはセルフでとってきて、お肉は陽気なブラジル人が各テーブルに持ってきてくれます。

ブラジリアーノ店員はブラジル人と日本人が数名働いていて皆陽気で気さくです。
基本セルフなので、そこまで店員も気になりません。

牛肉の各部位の提供に加え、ソーセージや豚肉、鶏肉など様々なお肉を食べることができます。
味付けも素晴らしく、いくつかのソースを選択できバリエーションも豊富です。

興味のある方は是非ブラジリアーノに行ってみてください。

店名:ブラジリアーノ
住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目6−1
電話:078-360-2996

長崎県佐世保市で、ちょっと変わったハンバーグを食べるならハンバーグ家ss389

真っ赤な看板にフライパンのイラストがデザインされた店構えのハンバーグ家ss389は、地元民ならば誰もが知るハンバーグレストランです。

ハンバーグ家ss389では月々で新作メニューもお披露目されていたり、メニュー表にはない隠れメニューも提供されたり、美味しいサプライズが目白押しに展開されています。

おすすめは、もちろんハンバーグですが、先にあげたように隠れメニューは500gのクィーンサイズで、単品で1890円です。

歯がいらないほどに、フワフワした食感もウリですが、ナイフを入れたら溢れ出る肉汁すらもったいなく感じてしまうほどで、ライスが欲しくなること間違いなしです。

スモールサイズ、レギュラーサイズなどのメニューももちろんあります。

月替りのハンバーグの中でも人気高なのは、希少部位の友三角のローストビーフを贅沢にトッピングしたローストビーフハンバーグ(1790円)です。

ハンバーグ家ss389のこだわりは、低温熟成したハンバーグですが、その他の肉料理も絶品です。

お店の雰囲気はアットホーム、少し賑やかな雰囲気があり、ハンバーグ家ss389はひとりランチにもおすすめです。

店名:ハンバーグ家ss389
住所:長崎県佐世保市卸本町21-334
電話:0956-80-4165

銀座スイス、銀座にある老舗洋食屋で長く愛されるカツカレー

店名:銀座スイス
住所;東京都中央区銀座3丁目5−16
電話:03-3563-3206

銀座駅の近くに、昭和22年創業の老舗洋食屋、銀座スイスがあります。
銀座スイスはレトロな外観が良い感じのお店なんですが、内観も古き良き洋食屋って感じで雰囲気があります。

これだけ長く続いているってことは、何か理由があるはず。
多くの人に愛されるメニューがあるのかもしれない。

まさにその通りで、とあるメニューが人気なんです。
そのメニューは、千葉さんのカツレツカレー。

千葉さんって何?と思われた方も多いかと思います。
元プロ野球選手の千葉茂さんが、きっかけで生まれたメニューなんです。

最初は普通のカレーだったんですが、千葉さんがカツレツを乗っけてほしいと要望したらしいです。

当時はどこのお店も、カレーライスに何かをトッピングするという文化はありません。
つまりカツカレー発祥のお店は銀座スイスといわれているのです。

銀座スイスのカツレツなんですが、衣がサクサクしていて肉は柔らかくて食べやすい。
カレーにはひき肉がたくさんん入っていて、味はスパイシーですが辛すぎない。

ライスとカツレツとカレーが混ざり合うことで、より一層美味しく感じます。
なんでしょう、どこか懐かしさを感じる味なんですよね。

創業からずっと受け継がれてきた味だからでしょうか。
老若男女に愛される味だと思います。

銀座スイスはカレーの味も、お店の雰囲気も良い感じでした。
これからも銀座の街で末永く営業を続けていただきたいですね。

三宮にあるコウベ ステーキ ツバサ本店は落ち着いた雰囲気

店名:コウベ ステーキ ツバサ KOBE STEAK Tsubasa 本店
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1-7-6 ホワイトローズビル 10F
電話:078-381-8278

こちらのコウベ ステーキ ツバサのおすすめメニューは、黒毛和牛ステーキランチです。

○オードブル盛り合わせ
○季節のスープ
○季節の焼き野菜
○お好みのステーキ
○ご飯もの
○デザート
○コーヒー
の全7品となっています。

メインのステーキは、部位とグラム数を選ぶことができ、黒毛和牛はジューシーで柔らかく本当に美味しいです。
また、焼き野菜の彩りが良く、味はもちろんですが、見た目にも楽しむことができます。

価格はステーキの選び方によって変わりますが、一番お安いもので3500円からとなっています。

コウベ ステーキ ツバサ店内は、カウンター、カップルシート、個室があり、どの席も落ち着いてゆったりと過ごせることが特徴です。
カップルシートからは外の景色も眺められるので、夜は神戸の山側の綺麗な夜景を楽しむことができます。

コウベ ステーキ ツバサの店員さんは丁寧な接客、カウンターでは会話を楽しみながらコース料理をいただくことができるので、気持ちよく過ごせる心地よい空間です。

コロナ対策もきちんとされており、予約客のみのようでした。安心して過ごせることと思います。

ステーキ宮 深谷店はお肉とタレが美味しいのでオススメ

ステーキ宮の深谷店はお肉が美味しいです。

店名:ステーキ宮 深谷店
住所:〒366-0051 埼玉県深谷市上柴町東4-18-7
電話:048-573-8366

ステーキ宮はお肉が美味しいのと、お肉にかかっている宮のタレがとても美味しいです。
また、時間帯で11:00〜16:00までならランチメニューとして、ご飯またはパンとスープバーが付きます。
土日もやっているのでその時間帯なら安いです。

ステーキ宮でよく注文するのが、こんがりチキングリルランチです。
価格は790円です。
ランチなのでご飯またはパンとスープバーが付きます。

チキンは柔らかくてジューシーで食べ応えがありとても美味しいです。
タレは宮のタレを選びます。

チキンと宮のタレも相性が良くて更に美味しいです。
また、サラダバーを390円で付けることも出来ます。

ステーキ宮で次によく注文するのが、ハンバーグ&宮ロースカットランチです。
価格は1390円です。

ハンバーグは150gで宮ロースは75gとハンバーグもステーキも楽しめます。
ハンバーグはふっくらジューシーで柔らかくて食べ応えがあり美味しいです。

ステーキの方は柔らかくて肉感がありとても美味しいです。
どちらも宮のタレで食べます。

ハンバーグもステーキも宮のタレでますます美味しくなります。
そんな、お肉が美味しくてタレも美味しいステーキ宮はオススメできる飲食店です。

有楽町にある東京洋食屋 神田グリルはとても美味しいのでおすすめ

神田グリルは、とても人気で美味しい洋食屋さんです。
店内もかわいらしく、とても良いお店です。
お昼時には並ぶことがあるくらい、人気店です。

メニューは、

神田グリル特製ハンバーグ¥980
神田グリル特製100%ビーフハンバーグ¥1,280
目玉焼きをのせたハンバーグ¥1,080
オムライス¥980
チーズクリームのオムライス¥1,080
まん丸バーグとオムライス¥1,400
赤城牛のビーフシチューのオムライス¥1,680
昔ながらのナポリタン¥880
チキンドリア¥980
カニドリア¥1,030

他にもカレーなどがあります。

神田グリルはランチメニューもあり、そちらもとてもおすすめです。
ランチメニューは、ドリンクが付いています。

昔ながらのナポリタン\880
焼きカレー\980
神田グリル特製ハンバーグ\980
とろ~りオムライス\980

など、他にもメニューがあります。

オーソドックスな馴染みのあるメニューが多く並び、どれも美味しそうで目移りしてしまいます。

神田グリルは店員さんも穏やかで、雰囲気の良い店内が印象的です;
様々な年代の人が行きやすいお店だと思うので、ぜひ色々な人と誘い合わせて足を運んで欲しいです。

店名:東京洋食屋 神田グリル  
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2日比谷シャンテ地下2階 
電話:03-5521-0080

ムグニ MUGUNI、アメリカ村にある美味しいオムライスの店

店名:KOBEキッチン ムグニ MUGUNI
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目9-5
電話:06-6212-5068

大阪で若者が集まるエリアといえば、アメリカ村。
めちゃくちゃうまいオムライスがあると聞いて行ってきました。

ムグニは古き良き洋食屋という感じの外観で、良い雰囲気です。
ランチタイムに行ったのですが、人気店だからか少し並んでいました。
そしてムグニ店内に入って、メニュー表を見る。

色々あってどれにしようか迷いましたが、ムグニで人気のゴルゴンゾーラソースのオムライスを注文。

はたして、どんなオムライスなのか。
テーブルに美味しそうなオムライスが運ばれてきました。

トロトロな玉子の上に、ソースが上品にかかっていて美味しそう。
さっそく食べてみることに。

ふわふわな食感で、玉子の味が濃厚。
さらにソースにコクがあり、さらに旨みが増します。

中のライスは、キチン風味のバターライス。
これがオムライスにはめちゃくちゃ合っています。

ソースと玉子とバターライスが上手く融合している感じです。
様々なオムライスを食べてきましたが、大阪だと一番旨いオムライスかもしれません。

今回はゴルゴンゾーラを食べましたが、ムグニは他のオムライスも期待できそうです。
メニュー表にはハーフ&ハーフというメニューもあります。

これはゴルゴンゾーラとハヤシソースって感じで、2種類の味を楽しむことができます。
ムグニのオムライスは美味しすぎて、リピート確定だなと思いました。